ネガティブこそ宝

こんにちは。

ご来訪ありがとうございます。

 

みなさんは

ネガティブな気分になったとき

ネガティブな感情に振り回されている時

どうしますか?

 

一番やって欲しくないことが

「こんな気持ちは持ってはいけない」と

ない事にしてしまうことです。

 

なぜネガティブをない事にしてはいけない?

 

ネガティブであれ

ポジティブであれ

気持ちや感情は

まぎれもない自分の一部であり

それをないことにするということは

まさに

「自分の一部を否定すること」

イコール

「自分のありのままを否定すること」

になります。

 

ネガティブな気持ちや感情に振り回された時どうすればいいか?

 

あくまで私の例ですが

まず否定しません。

 

「あぁ、これがイヤだ」

「あぁ、あれがイヤだ」

 

と感じます。

余裕があれば

出てくるもの全てを

ノートに書きなぐっています。
(頭の中で対話する時もあります)

頭でやるしかない時は

「感情の出る自分」

に対して

「聞いてあげる自分」

を出現させてみて下さい。

ノートの場合は

ノートがまさに

「聞いてあげるもの」

です。

まずは吐き出すことが大事です。

 

吐き出すことで得るもの

 

自分の気持ちや感情を否定せずに

出すということは、つまり

自分の一部を肯定し

受け止めてあげているということ。
(それに慣れていくと、だんだん受容につながり、自己受容できてきます)

 

誰が何といおうと

自分だけでも

自分の気持ちや感情にOKを出す。

それが、とっても大事です。

 

ネガティブの先にあるもの

 

例えば、誰かの記事や意見を見聞きして

「あぁ、その考え方は私は好きじゃないな」

とか

「ちょっとムッとした気分になってしまった」場合、

まずは、出てくるままに感情や気持ちを

ノートや自分の中で吐き出すのですが

そのうち

「イヤな気分になった理由こそ、自分の思い込みでありフィルター」

というのに、気づいていきます。

 

慣れるまではすぐには気づかないかもしれませんが

慣れるうちに

または

プロなどに手伝ってもらうことで

できるようになります。

 

私たちは見たいものしか見ていない

 

街に出て人が多いところに居る時、高校生の時は高校生ばかりが目にうつるだろうし、

妊娠したら、妊婦や子どもを目にしやすくなるだろうし、

生まれて初めて車を買おうと思い始めたら、急に車が目にうつるだろうし、

私たちの脳は、効率的に処理をするため、

また膨大なデータ全てを取り入れることを避けるため

その人が必要だと思うデータや現象だけ取り入れるようになっています。

 

つまり、見ていない世界がほとんどなのです。

世界のほとんど全てが、見えていないのです。

 

ダメ出しばかりする世界に生きたいか?みんながOKばかりの世界に生きたいか?

 

自分の一部を否定して

ダメ出しをして

そういう生き方を続ける限り

その考え方のベースがあるため

ずっとその世界を見続けることになり

人にもダメだしするし

自分にもダメ出しをし続けます。
(ダメ出しをしてしまったら、「あ、いま私、ダメ出ししちまったなw」と、もう一人の自分が気づけばOK!)

 

自分がみたい世界、行きたい世界を選ぶだけ

 

自分の価値基準を優しいものに書き換え

それで生きると決めること。

そんな世界で生きている体(てい)で、選択・行動すること。

その繰り返しが、自分の見える世界、生きる世界を変えていきます。

 

そして、

今、私の見ている設定、

価値観、思い込みは何なのか?

を知らせてくれる大事なシグナル

ネガティブな感情や気持ちなのです。

 

まずはネガティブOK!と刷り込もう

 

慣れていない方は

まず

「ネガティブOK!」

「ネガティブOK!」

「ネガティブOK!」

と、繰り返し、自分に呟いて下さい。

毎日気づいたら、繰り返し!!

 

ネガティブを無視せず

自分が聞いてあげること

あるいはノートに出してあげること

 

それがとっても大事です。

 

そしてそれがいずれ

自己受容につながり

自分を受容することが

自分の全てをOKするキッカケになり

眠っていた素質が花開きはじめます。

 

ノートに書いたことを客観視することで潜在意識を書き換える

 

感情をノートに書きなぐった場合、

もう出てこなくなるまで書きなぐり

そして

客観視できるような精神状態になったら

書いてあるものをヒントに

潜在意識の思い込みに気づき

書き換えることができます。

 

潜在意識の思い込みを

より自分に心地よいもの(というか、ただの事実)

に書き換えていくことで

感情がブレにくくなります。

 

人に何か言われて

感情が揺さぶられやすい方は

単語や表現に

多くの思い込みを乗せています。

 

それらを

単なる事実に書き換えることで

感情がムダに揺さぶられることが減っていき

毎日が楽になります。

 

ネガティブは宝!

と、覚えて下さいね

ノートや内観が上手くできない間はせめて

「客観的にただ聴いてくれるもう一人の自分」を登場させることがコツだと

覚えておいてください♪

 

Ayako
小学生と園児の2児の母です。 ~無理せず、自然に、私らしく~ 自分を受容するにつれて、世界からの様々なもの、タイミングなどに気づきやすくなり、受け取り上手になります。受け取り上手は与え上手。 自分の世界の波に乗るような生き方を体感できます。 ヒントや気づきにつながる情報をシェアします。 自己受容含む、色々な記事をアメブロでも更新しています。 (アメブロ:https://ameblo.jp/ayako44448888/)
投稿を作成しました 73

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る