コロナウイルスと恐れと周波数選択

コロちゃんの状況が、マシになったっぽくみえては、もっとひどくなったり、先の見えない状況が続きますが、こんな時こそ自分の内側をしっかりと観察する機会だと思っています。

恐れてしまうときは

先が見えないとどうしてもこわくなってしまいますが、長い歴史、色々なことが起こってきました。つまり、ただ長い歴史の中で一つの出来事が起きただけ。こういう時は、「自分の人生の中で何が大切なのか?」を見直す良い機会だと思っています。きっと過去の歴史、大きな災害や戦争で、人々はそういう機会を持ってきた。その一つなだけだと思っています。

自分の意識に気づくよい機会

「なぜ買いたいと思うのか?」「自分はどのくらいなら安心だと感じるのか」や、「何に不安を感じるのか?」「何がこわいのか?」などに気づいていくよい機会です。わたしはいつも、適当に備蓄していたので”感覚で備蓄する”に初めてチャレンジしようと思っています。データとかは無視して(笑)、ピンと来たものを買う。ピンと来なかったら買わない。できるか分からないけど(笑。子どもいるし、やっぱり不安は完全にゼロではないです。)

よくよく見てあげると不安が減る

自分の内側をよくよく見てあげると、あ、こうなったらこうすればいいし、あ、これならこうすればいいし、ま、いいか。という感じで結構不安は減っていきます。ちゃんと自分の心を細かくみてあげることをオススメします。こういう騒ぎで一番やっかいなのは、ウイルス自体の怖さより、人々の意識が作る恐れの塊が、社会を混乱させてしまうからです。自分だけでもその意識に加担しない。

私が気づいたこと

個人的にわたしは「ハッ」と気づいたのは、私の場合は比較的ポジティブにブレていたことです。この騒ぎが、世界の意識を変えていく。何が大切かを問う機会になる。経済主体の社会や貨幣経済で、世界の数パーセントの人が世界中を支配している今の世界に変化を及ぼすキッカケになるかもしれない(日本を操っていると思われているアメリカも、数パーセントの人たちに操られている)。世界が変わるかも・・そういう気持ちで少しワクワクしていたのです。でもそれは、ポジティブに「ブレ」てたと気づきました。

世界の支配体制は好みではないけれど

ポジティブな自分に気づいたので、まずは「気づいた」ことに良し、とすることにしました。世界の支配体制はやっぱり好みではない。だから変わってほしい。でも、ポジティブにブレすぎると、視野が狭くなりがちになるので、ちょっと離れたところから観察する気持ちも大切だと思いました。あなたはどちらにブレていますか?

感じることに気づいてあげたら周波数を変える

いま、安心に寝られる場所があることがありがたいです。たしかにずっとこの雰囲気だと息が詰まるかもしれないけれど、とりあえず今は、寝られているし、食べることもできている。

不安や恐れに心が支配されそうになったら、まずは「そういう気持ちになっている」自分に気づいてあげる。余裕があったら、その気持ちを味わってあげる。(ノートをセラピストにみたてて、色々書いてみる)。そして、最後は、今ある安心材料を見つけて(今のところは自分は元気だ、とか)、そこにフォーカスしてみてください。それで周波数がパっと変わります🌸

 

より心地よい日々になりますように✨

Ayako
◎数あるサイトの中からこちらに来てくださりありがとうございます!◎ 主婦が本業の小学生と園児の2児の母のAyakoです。降りてくる言葉をつづっています。自己理解を深めたり、自分を受容するにつれて、世界からの様々なもの、タイミングなどに気づきやすくなり、自分の中にある創造性を活かせるようになってきました。今までの人生のほとんどの期間を”生まれと育ちを憎む”ような根底で生きていましたが、今では生まれも育ちも全て受け容れられ、神旦那と神こども達に囲まれ楽しく幸せに日常を過ごしています。 時々質問に答えたり、気づきのシェアでインスタライブをしています♪ インスタアカウント: 8ayako_inoue8
投稿を作成しました 120

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る