*「自己受容メソッド」愛知・名古屋・豊田 Ayakoのサイト

ワクワクを追いかけても幸せになるとは限らないよ

Ayako
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Ayako
小学生と園児の2児の母です。 ~無理せず、自然に、私らしく~ 自分を受容するにつれて、世界からの様々なもの、タイミングなどに気づきやすくなり、受け取り上手になります。受け取り上手は与え上手。 自分の世界の波に乗るような生き方を体感できます。 ヒントや気づきにつながる情報をシェアします。 自己受容含む、色々な記事をアメブロでも更新しています。 (アメブロ:https://ameblo.jp/ayako44448888/)

こんにちは。井上亜矢子です。

 

最近ちまたでは

自分らしく人生を創ろう、生きよう

それには

ワクワクを追いかけると良いよ♪

 

ってあるんだけど

たまにね

たまーーーにね

 

エセワクワク♪

 

な方がいると思うの。

 

あまりにも自分の本音を無視し続けてきた人とか(あ、過去のワタス・・w)

あまりにも自己肯定感が低くて、一生懸命外側の条件で幸せになろうとしてる人とか(あ、過去のワタス・・w)

 

私ね

ずーーーっと

外側の条件で幸せを得るものだと思っていたから

それが絶対条件で

何でも思考・判断していたんだ。
(その根底にあるのは、「ありのままの私ではダメなんだ」という想い)

 

だから

 

ワクワクする~~!!

 

と思いついた事の根底に

「それをすると喜んでもらえるかも~~」(←他人軸)

「それ頑張ったら、できるようになったら人に認めてもらえるかも~~」(←他人軸)

「私って、家族がいるのに自分の好きな事をたくさんしてて、自分らしく生きてる~~✨」(←実は自分らしく生きてる「風」の他人軸。起業した当初とか思いっきりそうだったなw)

 

とかがあったのね。

その時には気付いてないのだけど。

 

そんなタイプの方には

一人でリラックス・安心

の時間を取る事をオススメします。

(一人ね!そういう方はすぐ無意識に他人軸入るから、人と関わらない時間を取る事がとても重要。そして、何かをしたいと思ったときに「誰も何も文句を言わないなら、誰の評価も気にしなくて良いのなら、私は何をしたいのだろう?」と思ってふと沸いたものを日々大事にしていくと良いです)

 

とにかく他人軸が長かった人は

 

他人がどう思うか

他人に評価されるには

 

が思考に出るのです。

しかも

無意識に!!!

 

これに対抗(笑)するには

 

意識的に

一人リラックス時間を取る事をオススメします。(誰も何も言わないなら、誰にも評価されなくていいのなら、世の中に正解はないのなら、をベースにしてね♪)

 

リラックスは

奥深い自分に繋がる簡単な方法です。

 

是非、日々に取り入れて下さいね✨

 

何が何でも他人軸になっちまーう!
て方は「なっちゃうよね~~」とそのままの自分に気付いてあげて下さいね♪

 

あ、

で、

幸せはすでにたくさんあるんだけど、感じられていないだけで

感じられるようになるには

リラックス時間を取ったり

自分の本音を自分が聞いてあげたりすることで

自己受容に繋がり

日常を断然幸せを感じながら生活できるようになります♡

「自分らしく生きてる」を表現しようとしなかろうと、毎日が幸せなのです✨

あなたの周りにも

いっぱい幸せありますよ✨

 

そしてあなたは

今までの経験

他人軸だった経験も含めて

完璧な存在なのです✨

その経験を

未来に繋げていきましょう♡

 

 

そしてね

例え他人軸であっても

ワクワクを追いかけたいなら

追いかけよう!

 

”自分がこれを選んでる”という意識があれば大丈夫✨

 

自己受容についてはコチラの記事なども参考にして下さい♪

記事一覧はコチラ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Ayako
小学生と園児の2児の母です。 ~無理せず、自然に、私らしく~ 自分を受容するにつれて、世界からの様々なもの、タイミングなどに気づきやすくなり、受け取り上手になります。受け取り上手は与え上手。 自分の世界の波に乗るような生き方を体感できます。 ヒントや気づきにつながる情報をシェアします。 自己受容含む、色々な記事をアメブロでも更新しています。 (アメブロ:https://ameblo.jp/ayako44448888/)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 自己受容で日常を幸せに生きる , 2018 All Rights Reserved.