【無料04】あなたは自分の能力の10%以下しか使っていないかも―潜在意識と顕在意識

【いつから参加しても進められる構成の無料オンラインプログラム、スタート!スタート記事はコチラです。】
【無料00】や【無料01】は読む順番が分かりやすいように通し番号としてつけています。

このサイトに来る方は、もうご存知の方も多いとは思いますが、もし知らない場合に顕在意識と潜在意識のお話はとっても重要なので記事にしたいと思います!

顕在意識とは

顕在意識とは、普段私たちが認識できている意識です。意図して使っている部分というか。コントロールしようと思えばできるような部分。ここで習慣を変えたりするので、意識的に使うことがとても重要です。

 

潜在意識とは

顕在意識以外の部分で、認識できていない部分、意識できない部分、コントロールしにくい部分です。90%以上、潜在意識です。普通に生きていたら、潜在意識は95%前後だと言われています。わたしたちはたった5%くらいしか使わずに生きているのですよ!潜在意識の力を上手く使っていない場合!!ビックリですよね(笑)。

図にするとこんな感じです。図内の3という番号は無視してください(笑)。消すの忘れたw。

 

潜在意識の中に集合意識(集合無意識)があります。これは、とってもたくさんのグループがあり

・家族の集合無意識
・母方の家系の集合無意識
・父方の家系の集合無意識
・実家の集合無意識
・兄弟の集合無意識
・職場の集合無意識
・会社全体の集合無意識
・地域の集合無意識
・市町村それぞれの集合無意識
・土地の元々の氏族などの集合無意識
・神社などのそれぞれの神さまの集合無意識
・国の集合無意識
・民族の集合無意識
・アジア、オセアニア、欧米などなどの集合無意識
・人間の集合無意識
・職業の集合無意識
・男性、女性、中性的なかたそれぞれの集合無意識
などなど・・・まだまだたくさんあります。(雰囲気は分かっていただけましたか?)

 

私たちは日常生活するなかで、属する集合無意識がたくさんあり、それぞれの集合無意識の意識に影響を受けながら生活しています。(だから【自分軸】が確立されていない間は、いろんな集合無意識の当たり前などに影響を受けまくるから疲れたり生きづらかったりする)

集合無意識がいけないのではなく、そういうのがあるんだ、そういうのから影響を無意識に受けるものなんだ、と知っておくと良いと思います。

 

顕在意識と潜在意識の壁

男性性と女性性の壁にも共通するというか、実際は同じもの(壁)なのですが(説明の便宜上、男性性と女性性の壁のページではあんなイメージ図を描いた)、顕在意識と潜在意識の間にも壁があります。

 

その壁を作るのは

当たり前や価値観、思い込み、固定観念、概念、設定

などです。

それらはかなり強力なので、それらを当たり前として、変えられない前提として生きている場合が多いです。が!これからの時代はそれらに【NO!!!】を掲げ、自分らしさを活かしていく人生を送る人が増えてくると思っています。(このサイトはそんな方のためのサイトです 笑)

 

生きやすくなるには、壁の中身に気づくこともアリ

壁を構成する

当たり前や価値観、思い込み、固定観念、概念、設定

に気づけば、「あ、こんな価値観を持ってたんだ。」と、気づいたあとに、その価値観がなかった場合の選択肢があることに気づくことができます。選択肢が倍以上に増えたりする。

なので、当たり前や価値観、思込み、固定観念、概念、設定があるのがいけないのではなく、失くさないといけないものでもなく(必要なければ自然になくなっていく)、ただ気づく。気づいて「本当は世の中に正解はないのだから、それらに縛られなくていい。だとしたら、今のわたしはどうしたい?」と自分に毎回聞く。それを繰り返すことで、本当の望みを掴もうとするクセがついていきます。

気づかなければ、今までと変わらず【当たり前や価値観、思込み、固定観念、概念、設定】にしばられたまま、思考も選択・行動も自動運転になっていきます。

なお、当たり前や価値観、思い込み、固定観念、概念、設定】が何なのか分かりきらなくても、「本当は世の中に正解はないのだから、それらに縛られなくていい。だとしたら、今のわたしはどうしたい?」と自分に問うクセはつけるのをオススメします。原因を探りきらなくてもいい(自分にとってのタイミングでふと分かったりする。その場でスッキリしたかったら、自分の奥深くに聞く、さらに聞く(というか感じる感じ)を繰り返してみる。毎回、自分がどこまで深く知りたいか、気づきたいか毎度毎度自分の感覚でどうするか決めてください。感覚キャッチ力が上ってきます)

どんな時でも、自分の本当の望みはできるだけ問うてあげてください。知りたいことや望みが分からなかったら、自分の潜在意識に「ヒントちょうだい」と問いを投げてみてください。そのうちベストタイミングでヒントがやってきます 笑。

 

壁を気づかせてくれるもの

壁を構成する当たり前や価値観、思い込み、固定観念、概念、設定】に引っかかっていることに気づかせてくれるのは、ズバリ

感情

です。感情が「気づきのチャイム」を鳴らしてくれるんです。(自己理解や自己受容、内観のスタートし始めは特にそうです)

 

※ちなみに壁だけでなく潜在意識の中にも当たり前や価値観、思い込み、固定観念、概念、設定はあります。集合無意識の中とかね。家族の集合無意識とか、分かりやすいよね!価値観が似通っていますよね。売れる本や歌や映画などはたくさんの人と共通する潜在意識の中にある集合無意識の情報を拾って作っているんですよ。(作っている人がそこまで意識して作っているかは個人差があると思います)

 

 

感情が出てきたらチャンス!

感情が出てきたら【当たり前や価値観、思込み、固定観念、概念、設定】に気づくチャンスでもあるし(前述の通り、ハッキリ何なのか分かりきらなくてもOK)、何より【自分の本当の望み】に気づくチャンスです。【当たり前や価値観、思込み、固定観念、概念、設定】は、掘り下げて掘り下げて掘り下げて知ることが好きな人もいれば、全然どーでもいい人もいます。自分の感覚で好きなようにやってみてくださいね。全て、自分の感覚を頼る。感覚が分からなかったら、潜在意識に問いを投げかける(←これ結構大事です)。

そして、潜在意識に問いを投げかけて、その答えをキャッチするには何度も色んな記事に書いている【気づき力】、つまり【キャッチ力】が大事です。そして、その気づき力やキャッチ力をより発揮する要因として【空白を作る】こともとっても重要です。

 

空白を作るとは

空白、あるいはスキマを作る。新しい素敵な家具を買っても、家に物や家具が溢れていたら置く場所がありませんね。それは内側の世界でも一緒です。思考で頭がギッチギチになっていたら、ヒント(新しいもの)が入ってきません。これは直感もインスピレーションも一緒です。

 

空白を作るコツ

ボーっとすることです(笑)。考える時間を減らす。効率重視をやめる。(効率を重視すると、どうしても考え続けることになりますよね)。とはいっても、例えば私は考えることが大好きです(笑)。ついつい考え事をしてしまいます。だから極力、考えなくていい時はボーっとするようにしています。わたしが普段心がけていることは

・用事は必ずスマホや紙のスケジュール帳にインプットして、頭には残さない
・覚えるのではなく、メモを取る(メモ取りそびれても人生に大事なことは潜在意識は覚えるのでご心配なくw)
・しなければならないことなど本当は一つもない、というベースにしておく
・人の考えや気持ちを極力自分に入れない
・↑が結構難しいので、そもそも会うとかの時間を極力増やさない
・↑のために自分一人の時間やそれに近い時間をたっぷり取る(自分だけのエネルギーに包まれる時間を過ごす)
・部屋がスッキリすると頭もスッキリするので、多くの時間を過ごすリビングを時々しっかり掃除とか片づけする(時々塩水で雑巾がけ。気持ち良いw)
・無になる時間を取る(瞑想でも雑巾がけでも洗い物でも絵を描くでも、思考を働かせないものなら自分が好きなもので、何でもいい。)

あくまで私の例なので、ご自分の好みのもので、何か見つけてみてくださいね♪

 

ちなみに当たり前や価値観、思込み、固定観念、概念、設定】に気づいて、あるいは詳細までは分からなくても「なんかあるな」と気づいて「本当は世の中に正解はないのだから、それらに縛られなくていい。だとしたら、今のわたしはどうしたい?」と自分に問う、ということを繰り返すことで、顕在意識と潜在意識の壁は緩やかというか柔らかくなったり穴があいたりします(あくまで、説明のためのイメージです)。

壁が強固でなくなることで、直感やインスピレーションなど潜在意識の情報が入ってきやすくなります。

 

人生はある意味、自分にとって心地よいものをそろえるゲーム

自分らしい人生とか、自分らしさが活きる生き方は、いかに【自分にとって心地よいものをそろえられるか】のゲームに近いものでもあると思います。それは、コン〇リメソッドのように、目に見える物もそうだし、心というか自分の内側もそうすることができます。自分に窮屈な思いをさせていたかもしれない当たり前や価値観、思込み、固定観念、概念、設定】なども、心地よいものや好みに替えていけるんです。思い切って替えてみたら、思った以上にその概念で普通に生きている人がたくさんいることに驚くことも多々あります。いかに自分が自分の色眼鏡で生きていたのか?を思い知ることになります。

 

潜在意識の力も使うことが、自分らしい人生へのカギ

わたしたちの能力の90%以上を占める潜在意識―。その部分を活かせることが、自分らしい人生に大きく影響することは間違いありません。そして、わたしたちは誰でもそれができる。そのためには、やはり【気づく】力を鍛えること。

 

気づき力は筋トレのように鍛える

今までやってこなかったことを新たに始めることは、クセ付けなければ力になっていきません。筋トレや語学学習のように、たまに、や時々、よりも毎日がいい。そして時間をかけるほどいい。そして積み上げれば必ずその力はつく。

いつも足を組む時に右足を上に組む人が、急に左足に組もうと思っても、かなり強く意識を持ち続けなければ無意識に右足を上にしてしまいます。

それと同じで【自分に気づくこと】をしてこなかったのに、急に始める、ということは、最初が一番、強く意識をすることが必要です。(だんだん慣れて当たり前になります。まさに、筋トレと同じ。)

筋トレと同じで最初が一番、大変です。最初を是非、乗り切ってくださいね!わたしはクセ付け、意識を持ち続けることがなかなか大変だったので、最初の半年くらいは枕元に常にノートとペンを置いておき、寝る前に寝落ちするまでノートに一日を振り返って湧いた感情などを思い出しながら自分の内側の吐き出しをしていましたよ。ご自分でやりやすい方法で、是非、続けてみてください。

今、活躍している【創造的な人生を送っている】とわたしが感じる方たちは、筋トレがだいぶん進んだ後に知られているので、あたかも「あの人たちは簡単に現実創造している!」と勘違いしている感じの方も多くいます。が、よくよく見ると、結構何年も”筋トレ”的な時間を過ごしていることがあるのが分かります。あるいは、生死をさまよって三途の川まで行き、「壁が一気に取り払われた」とか、海外の旅先などで大きな気づきがあり、壁がガラガラと崩れ落ちて、日常に戻った時に日常を一気に変化させた、などのバージョンの方もいます。

生き方を変化させるために、日常を一気に色々変えるのも手です。が、気づき力は創造の段階に進んだ時に直感やインスピレーションをキャッチする力にもつながってくるので、気づき力をUPすることは長い目でみてとてもオススメです♪

 

上手くいかなくても、気づけばいい

上手くいってないとか、上手くできてる気がしなくても、気にしすぎないでください。その状態にある自分、上手くいっていない気がする自分、悔しいとか悲しいとか、感じている自分を味わい、その状態に気づけばいいのです。気づく。そして、淡々と続ける。とても地味だけど、地味なことほど、地力がつくのですよ。筋トレが進んで気づきの筋力がついてくれば、前とは違う世界が見えてきます!

 

 

サイトの記事あなたがあなたらしく生きる一助になれば、幸いです🌸

 

いつから参加しても大丈夫な構成にします↓↓

【無料】「自己受容と創造◇自分らしい人生を彩るオンラインプログラム」についてのご案内はコチラ

頂いた質問をネタに時々インスタライブしています。ご質問などDMやライン公式アカウントにお送りください♪

インスタアカウント:
8ayako_inoue8
https://www.instagram.com/8ayako_inoue8/

 

 

 

 

 

 

 

Ayako
◎数あるサイトの中からこちらに来てくださりありがとうございます!◎ 主婦が本業の小学生と園児の2児の母のAyakoです。降りてくる言葉をつづっています。自己理解を深めたり、自分を受容するにつれて、世界からの様々なもの、タイミングなどに気づきやすくなり、自分の中にある創造性を活かせるようになってきました。今までの人生のほとんどの期間を”生まれと育ちを憎む”ような根底で生きていましたが、今では生まれも育ちも全て受け容れられ、神旦那と神こども達に囲まれ楽しく幸せに日常を過ごしています。 時々質問に答えたり、気づきのシェアでインスタライブをしています♪ インスタアカウント: 8ayako_inoue8
投稿を作成しました 116

【無料04】あなたは自分の能力の10%以下しか使っていないかも―潜在意識と顕在意識」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。
    毎日、ノートに書き殴ってます。
    ちょっと質問です。
    私は、今の仕事を辞めます。
    理由は、上司と合わないからです。
    今の仕事の話をすると、愚痴ばかりになります。かれこれ、もう何年も会社への不満と愚痴ばかり。心理学的なことから言えば、この状況を作ったのは自分なんだろうなと思うんですが、どうしても受け入れられません。本当に会社が嫌いになってしまい、上司が嫌いになってしまってます。ただ、このまま次の仕事に行っても同じことは起こるとも思ってます。なんとかしたいなって思うんですが、どうしたら良いかわからなくて。この場合もとにかく感情を吐き出して、吐き出してをやるのが良いですか??

    1. こんにちは♪
      感情を吐き出しきれていないと感じているのであれば、「もう出ない」というところまで、あるいは「もう飽きたからいい!」と思えるまでは、吐き出してみて欲しいです(どこまでやるのか毎回自分の内側に聞く。ハートや下腹部や身体全体に聞く感じかな)。

      で、もう結構やってきているのであれば、「じゃあ自分はどうしたい?」と自分に聞いて、その答えが「仕事やめたい」だけなのかを細かく自分に聞いてあげてほしいです。仮に人間関係が良好であれば、その職場や仕事が好きなのかどうか?とか。仕事やめたい理由が他にあるのか?とか他にある場合はそこから何よりも最終的に【自分の本当の望み】を導き出すことが大事です。
      あとは、転職したとして同じパターンになるとは限りません。転職してもしなくても、100%上手くいく方法は【きちんと自分の内側の声を丁寧に聞き続けること】です。そうすれば、同じパターンにはならないし、たとえ以前の自分が「失敗かも」という出来事が起きても、未来の自分はそれを失敗とは感じないかもしれないのです。

      そして、私がもし魂だとして、本当に向かってほしい方向があるのにそれを無視している自分がいたら「イヤなこと」や「苦しい事」を起こしまくります。本人が気づくまで(笑笑)。
      長くなるので、また、インスタライブが別記事で回答っぽいことをUPしますね♪コメントありがとうございます♪♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る