子どもや子育てへのイライラを減らすには

こんにちは。

小学生と園児の母です。少し前までイライラばっかりの育児をしていました。

 

子育てをしていたら、イライラなんて当たり前にありますよね。では、その回数を減らすことはできるのでしょうか。

 

子育てのイライラは減らすことができる


子ども、特に小さな子供は親のことをよくわかっています。

もちろん、「分かっている」と本人は分かっていないでしょうが、潜在意識で感じ取っています。

言葉で表現できないことと、分かっていないこと、感じていないことはイコールではありません。


親が思っている以上の以上に、子どもたちは何かを感じ取って行動しています。


そもそも、イライラするのは起因となって出来事や関連するものに
親がフィルター(考え方のクセ、価値観)があるから。フィルターがない親だったら、同じ出来事があってもイライラしないものなのです。

ではなぜ、子どもはわざわざイライラさせてくるのでしょうか。

子どもが親をイライラさせるワケ

 

子どもが生まれて最初にしたいこと、それは「親を幸せにすること」です。それは単に、表面的なものではありません。

 

私たちは生きていく中で、日本という環境、教育で、自分らしさよりも、周りと合わせること、協調性を重んじること、そのために時には自己主張を抑えることを良しとして育てられてきました。

 

また、最も強く影響を与えているのは、親、特に母親です。母親が投げかけてきた言葉、母親が持っていた価値観を、赤ちゃんの頃から無意識にダウンロードしてきました。

 

言ってみれば、生まれたばかりの時は、新品のPCだったのが、母親のものの見方や価値観という様々なアプリをたくさん、ダウンロードして成長していきます。

 

親の価値観が大人になった自分にも必要とは限らない

 

子どもたちは、親(私たち)をイライラさせたり、悩ませることで「もう必要ない価値観を持っていませんか?」とお知らせしてくれています。

 

周りを気にしすぎること、当たり前の基準が自分(の実家)の当たり前なこと、などなど

 

そんな考えや価値観は、持たなくていいんじゃないの?

 

と、子どもたちは教えてくれます。

 

どうやって気づけばいい?

 

イライラして怒鳴ってしまったり、八つ当たりしてしまったら、子どもたちにはまず素直に謝りましょう。人間は完璧ではないことを知ってもらうことも、そして、謝りたいときは謝ることを示してあげるのも大事な親の役目だと思います。

 

自分の何に気づけばいいのか、自分の当たり前にはなかなか気づきにくいものです。イライラしたネタについて、是非ノートを書きつづってみて下さい。

 

子どもが起因のイライラが、実はもっと前のパートナーとの出来事起因していたり、もっともっと書いていくと、実は小さいころに親に投げかけられた言葉が起因になっているかもしれません。

 

子どもが親に知らせたいのは「無条件でも愛されていますよ」ということ

 

小さい子どもは親をイライラさせても自分が存在するだけで愛されているという価値観でいます。生まれたばかりの子どもは、条件付きで愛されるとか、好かれるという価値観がないので、地球という場所に生まれた喜びしかありません。ですので、条件付きでしか愛されない、という価値観は、親や環境が、与えていくか、本人が勘違いをして、身につけていきます。つまり、私たちは最初は「存在するだけで価値がある」「生きているだけで喜び」の存在でした。

 

子どもたちは、親をイライラさせることで「ほら、イライラさせたとしても、あなたは私たちを愛しているでしょう?」と、思わせたり、また、「そのイライラの原因になっている考え方のクセを癒してあげたらどうかな?」と無意識のレベルで訴えかけています。

 

子どもたちは身体をはって、親たちを根底の癒しへと導こうとしているのです。

 

親も子供も無条件で愛されていい存在

 

そういう価値観で生きることができれば、(ワガママではない)自分に本当の意味で自分が優しい存在になることができ、自分が自分に優しくすること(他人用の自分まみれではない、本来の自分に気づいていくこと)で、本当の安心や安堵感に満たされるようになると、子どもやパートナー、他人へも優しい自分になっていくことができます。

 

自分に優しい自分とは、自分の本音に気づいてあげられる自分です。そしてそれは、自分から湧いてくる気持ちや感情、考え、あらゆる湧いてくるものに意識的であることです。

 

ノートに書いていくことに関しては、ノートワークの記事のシリーズ参考にしてみてください。

 

また、こちらの記事も好評ですので、よろしければお読みください。

 

最後までお読みくださりありがとうございます🌸

 

 

 

 

 

 

Ayako
小学生と園児の2児の母です。 ~無理せず、自然に、私らしく~ 自分を受容するにつれて、世界からの様々なもの、タイミングなどに気づきやすくなり、受け取り上手になります。受け取り上手は与え上手。 自分の世界の波に乗るような生き方を体感できます。 ヒントや気づきにつながる情報をシェアします。 自己受容含む、色々な記事をアメブロでも更新しています。 (アメブロ:https://ameblo.jp/ayako44448888/)
投稿を作成しました 73

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る