無惨の特定の鬼への特別扱いの理由と闇に気づくことの重要性

私の発信を色々見て下さっているかたはもうご存知ですが、鬼滅の刃が好きです(笑)。ちなみにこの引きこもり生活の間に読んだり観たりしたアニメ、漫画、映画の中で特に印象的だったのはイティハーサと鬼滅の刃。その二つに共通するのは「闇や陰は誰の中にもあるものであり、どう付き合うか」という扱い方なところ。ただの「敵に勝利し気分がよくなる」な単純なお話ではないところです。そしてその、闇や陰は誰の中にもあるもの―というのは、ウイルスにも言える話なのだと思っています。(世の中に存在する必要のないものはなく、必要があるから存在しており、それらとどうつきあうか?で、威力や強さや見方が変わるものなのだと思う。ウイルスに関して色々視点が増えて良かったな、と思った記事をいくつか紹介している記事はコチラ

 

鬼舞辻無惨が気に入っていた鬼

まず下弦の伍の累(るい)。累と家族ごっこをしていた姉鬼がぽつりとつぶやいたことがあります。

累(るい)はあの方のお気に入りだから―

他の鬼には許されていない行為(力を分ける、鬼同士で群れる)もできていたようです。

 

もう一人の特別扱いされた鬼

わたしがちょっと気になったのは、猗座(あかざ)。
座(あかざ)が死んだ後に、童磨(どうま)が言います。

 

座(あかざ)殿って絶対女を喰わなかったし、殺さなかった。それを結局あの方も許してたし、ずるいよね。猗窩座(あかさ)殿は生かされてた。特別扱いだよ

 

 

座(あかざ)のどこが無惨に響いたと思ったか、それは猗座(あかざ)が人間の頃に暴力をふるった理由が

 

 

病弱な父に薬を買うためのお金を得るために強奪するため

だったことかな、と考えています。そして猗座(あかざ)は、父だけでなく婚約者も病弱だった。猗座(あかざ)はズルイことをする弱者は憎んでいたけれど、病弱な人たちには自分なりの優しさを発揮していたんだよね。その優しさを人が求めるかどうかは別として。

 

無惨は病弱で新薬を試され鬼になった

無惨は人間の頃大変病弱で、家族が雇う医者が新薬を調合し試した結果、鬼になりました。その、ありのままの自分を受容してもらえなかった無惨にとって、病弱である累や、病弱な家族や大切な人を大切に思う座(あかざ)は無意識にちょっと特別扱いしたくなる存在だったのかなぁ、なんて思っています。

 

違う見方も—

もちろん、累は賢かったので、その点を買われていたのもあるだろうし、猗座(あかざ)は強かったし、強くなることに対しての執着がすごかったから、その点を買われていたのもあると思う。でも、それだけじゃないと思う。人(おそらく鬼も)は、何かをするときに一つだけの理由で動くことは少ないと思う。一つの理由だけでやっているようにみえて、自分でも気づかないような小さな理由が二つも三つもあると思うのです。

 

実は小さな理由が本音を隠していたりする

無惨に関しては分かりようがありませんが、普通に生きる人の場合、小さな小さな理由が本音を語ったりしている場合があります。大きな理由は、人に説明をしやすかったり、正当化させやすい理由だったりする。本当は、小さな理由が本音。そんなこと、思い当たりませんか?わたしは一杯ありましたよ(笑)。

座(あかざ)の場合は、強くなりたかったけど、死ぬ時に「強くなりたかった」のが一番の望みではなかったことに気づきます。強くなりたかった”理由”が、本音なのです。

 

 

大切な人を守りたかったから、強くなりたかった—
(人は往々にして、このように、”一番の望みではなくそこから派生した枝葉”に囚われてしまうものです)

 

鬼は鬼になるから鬼らしくなるのではない

鬼になったら人間だったころの闇の部分に支配されているだけ。闇以外の部分を忘れているだけ。それは、鬼にならなくても人間でも同じことが言える。”鬼みたい”な人間は存在する。だからと言って、その人が闇だけなわけではないということ。そして、闇がないように見える人ですら、闇はあるということ。

自分の内側との付き合い方を、自分自身で知っていくだけ。

 

病気は悪いことなのか

ウイルスでも病気でも何でも、「こうなったらダメだ」みたいなのって、本当に悪いことなのかな?と思ったりするのです。問題を問題視するから、問題になる、みたいな。(異常な楽天的視点で現実を無視することとは別。最近育児ネタかで気になるのは、「コミュニケーション能力が大事」とかいうやつ。コミュ障なのと、人間として付き合いたいかどうか?とは全く別だよね。コミュ障でも人柄は付き合えば分かるよね。ハイジのおんじとかコミュ障やんか。笑笑。コミュニケーション能力高くても、要領が良いだけで上っ面だったり、本音ではなくウソばかりの人は私はあまり好きではないよ?笑。そしてそういう人の一部は、世間の意見を採用しているだけで全然自分の本音を全く気づいてなかったりする。私含め、コミュ障の側はコミュニケーションが上手でつなぎ役を買って出るかたに感謝の気持ちを持っていたいし、コミュニケーションが上手な人でも努力してそこに辿りついた方は、もしかすると努力をやめたら別の素質が開花する可能性もみた方がいい。←私がそうだったw。どんな人でも、素質を認め合って協力したいよね♪)

 

人の根底にある”死”への恐れ

今(2020年4月現在)のコロちゃん騒ぎでもそうですが、”死”に対する自分の概念のようなものを問われている気がします。鬼滅の刃で言うなら、人間も鬼も死への恐れがあるのは一緒。人間の場合は、自分の死に対してはあまり恐れがない人でも、大切な人の死は恐れている(私もです)。恐れとという感じではなくても、忌み嫌うものであったり、考えたくなかったり、避けたいものである。その恐れとは何か?を直視するタイミングが来たのではないか、と感じています。(特に私自身にとっては強くそう感じます)。

無惨は最後の日まで自分の死を恐れていた。そして他の鬼たちもそうだった。

鬼滅隊の一部は、自分の死は恐れていないが、守りたい人や大切な人の死は避けたがっている。

 

恐れることや憎悪が悪いのではない。気づかないのが無意識の暴動を生む

なぜ自分の死や大切な人の死が怖いのか―。それはいつか、ちゃんと気持ちをみてあげた方がいい気がする。自分が「今がそのタイミングだ」と感じた時に。

なぜなら、無意識の恐れや憎悪や怒りが、無意識の攻撃や暴動を生むからです。自分の中にそれがあるのに気づいていれば、何も考えずに買い占めをすることなんか起こらない。

買い占めがダメなのではなく、何も考えずに無意識にしていることが、(私の考えでは)世の中に好ましいことではない、特に、これからの時代には減って欲しいものだと思っているのです。

 

気づけば選択肢があることが分かる

無意識でしていたこと、無意識で抱いていた感情や気持ち—

それらに意識的になり、気づいてあげることで、気づいた時点ですこし視点が上がります。無意識で色々なことを思ったり行動していたりするうちは、自分の視点は自分の中にしかいない。

色々な自分に気づいてあげてください。

それが、誰の中にもある闇や陰の部分と上手くつきあえることになります。また、闇や陰の部分は、本当の望みを知る手がかりであったりもします。(無惨の本当の望みの一つは、ありのままの自分を家族に受け容れてもらいたかったことだと、私は感じています。本当は受け容れられていたかもしれなかったけど、少なくとも無惨にはそう感じられていなかった気がする。だから、自分で自分を受容することが、とても大事)。

 

本当の自分の声を聞くためにも—

自分に気づき続ければ、自分の本当の望みの声なんかにも気づきはじめます。そうすれば、周り道しすぎず、必要以上に周りを傷つけることも少なくてすむ。

鬼滅の刃をみながら、読みながらも、自己受容や自己理解、自分に気づくことの大切さを感じた私です。

 

*****
サイトの記事あなたがあなたらしく生きる一助になれば、幸いです🌸

「自己受容と創造◇自分らしい人生を彩るオンラインプログラム」についてのご案内はコチラ

頂いた質問をネタに時々インスタライブしています。ご質問などDMやライン公式アカウントにお送りください♪

インスタアカウント:
8ayako_inoue8
https://www.instagram.com/8ayako_inoue8/

 

Ayako
◎数あるサイトの中からこちらに来てくださりありがとうございます!◎ 主婦が本業の小学生と園児の2児の母のAyakoです。降りてくる言葉をつづっています。自己理解を深めたり、自分を受容するにつれて、世界からの様々なもの、タイミングなどに気づきやすくなり、自分の中にある創造性を活かせるようになってきました。今までの人生のほとんどの期間を”生まれと育ちを憎む”ような根底で生きていましたが、今では生まれも育ちも全て受け容れられ、神旦那と神こども達に囲まれ楽しく幸せに日常を過ごしています。 時々質問に答えたり、気づきのシェアでインスタライブをしています♪ インスタアカウント: 8ayako_inoue8
投稿を作成しました 120

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る