オススメ紹介:鬼滅の刃

堂々とオススメ、とか言いながら、流行に乗り遅れていてつい最近アニメを見始めたばかりです。毎日みまくって、アニメ分は制覇!コミックを大人買いしたいなぁと思う、今日この頃です(笑)。

好きなところその1 ~深い~

セリフなど色々な場面で色々深い。

主人公が修行中になかなかうまくいかないころ、先輩的存在の青年が言います

 

(師匠が教えてくれたことを)

お前は知識としてそれを覚えただけだ。お前のからだは何も分かってない。1年半もの間何をやっていた!お前の血肉に叩き込め!

 

わたしたちにも通づる(笑)。先を行く人の講座やセミナー、本を見て「ハッ」となることがあります。が、それは最初のキー(鍵)を手に入れたような感じ。そんなキーがある、ドアもある、と知ったにすぎない。その後、日々の意識に取り入れていくことで、自分で自分の中にあるドアをかぎで開け、自分の内側の叡智に触れることができます。その時、「腹落ち」する。本当の意味で腑に落ちる。人に教わって「ハッ」っとなるのは、まだ入り口なのです。

好きなところその2 ~闇の扱い方~

アメブロの方の記事にもチラリと書きましたが、主人公が敵である鬼を殺した際に、最後の最後の瞬間、鬼が自分の人間だったころの温かみなどを思い出すキッカケを主人公が与えるところが好き。普通は戦い系の物語だと「勝った!やった!終わり!」とかって話がおおいですが、これは、鬼に傷つけられて鬼になってしまった妹が、一生懸命に自分を制御し人を食わなかったり、主人公が鬼の最後の瞬間に人間身のある部分を見いだしたりなど、白黒ではなく、グレーの部分を大事にしているところが好きです。だって世界は、本当はグレーばかりだよね?(笑)

 

好きなところその3 ~感覚の違いを教えてくれる~

主人公が特に秀でているのは嗅覚。主人公の仲間は、意識を広げるのが得意だったり、音を感じる感覚が秀でていたりします。人それぞれ得意が違うことを改めて教えてくれます。ちなみに「嗅覚」に関しては最近シンクロが多いのと、自分でも「香り」が未来を教えてくれたことが数回あるので(まだ数回だけどw)、自分の嗅覚をもっと鍛えてみたいなぁなんて最近思っていますw。スピリチュアルの世界の方で好きな方の一人、サンバさんは、確かツイッターだったと思うけど「わたしは匂いで(その人を)好きかどうかを決めている」と書いてたことがあります。これは体臭というより、違う匂いのことです(たぶん)。サイキックの世界で有名なゲリー・ボーネルさんも、自伝の本で「エゴとかが多めの人は匂いが酷い」というようなことを書いてたことがあります。におい、とまでは思ったことがなかったけど、エゴ多めだったり、自分の本質から離れすぎている人はなんとなく感じることができます。私も匂いを察知しているのかなぁ。かもしれないな。(ビジョンや言語化の力の方が今は強めだとは思います)。

 

主人公と仲間たちがそれぞれ得意と不得意があり、性格もクセがあったりドジだったりで「みんな違ってみんないい」を物語の中で体感させてくれるところが本当に好きです。

 

自己受容目線でみると

無惨(鬼のボス)さんが鬼になったキッカケは、病弱な身体をなおすためだか何だかで、新しく調合した薬を飲んだかららしくて(詳しくなくてゴメンなさい)、そこも、「悪いと思われているところを失くそう→否定」から鬼を生んでいる。「悪いと思われていることは、ほんとうに失くすべきものなのか?」という視点(自己受容目線)が根付けば、闇は巨大化しないだろうなぁ、と思うのです。

 

 

頂いた質問をネタに時々インスタライブしています。ご質問などDMやライン公式アカウントにお送りください♪

インスタアカウント:
8ayako_inoue8
https://www.instagram.com/8ayako_inoue8/

Ayako
◎数あるサイトの中からこちらに来てくださりありがとうございます!◎ 主婦が本業の小学生と園児の2児の母のAyakoです。降りてくる言葉をつづっています。自己理解を深めたり、自分を受容するにつれて、世界からの様々なもの、タイミングなどに気づきやすくなり、自分の中にある創造性を活かせるようになってきました。今までの人生のほとんどの期間を”生まれと育ちを憎む”ような根底で生きていましたが、今では生まれも育ちも全て受け容れられ、神旦那と神こども達に囲まれ楽しく幸せに日常を過ごしています。 時々質問に答えたり、気づきのシェアでインスタライブをしています♪ インスタアカウント: 8ayako_inoue8
投稿を作成しました 116

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る