*「自己受容メソッド」愛知・名古屋・豊田 Ayakoのサイト

松丸政道先生とHappyちゃん【自己受容と自己肯定】その1

Ayako
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Ayako
小学生と園児の2児の母です。 ~無理せず、自然に、私らしく~ 自分を受容するにつれて、世界からの様々なもの、タイミングなどに気づきやすくなり、受け取り上手になります。受け取り上手は与え上手。 自分の世界の波に乗るような生き方を体感できます。 ヒントや気づきにつながる情報をシェアします。 自己受容含む、色々な記事をアメブロでも更新しています。 (アメブロ:https://ameblo.jp/ayako44448888/)

こんにちは。

Atelier CUCURIの井上亜矢子です。

 

先日急に観たくなって観ました。

松丸政道先生とHappyちゃん【自己受容と自己肯定】のYouTube動画!

半年以上前に一度観たのですが

ふと

また観よう!!

と思って。

観てみたら、前回は入ってこなかったところがスルスルと入ってきました✨

松丸政道先生とHappyちゃん

 

Happyちゃんは自分が引き寄せる過程をブログで発信し続け有名になった方です。今はそのブログはやめて、さち(本名)さんとして活動されています。(アメリカにダンス留学中。20190211現在。)

 

松丸政道さんは、26代目陰陽師の血を引くチャネラーで、物理学博士であり一級建築士でもあるそうです。すごいなぁ~。

 

動画は数年前に配信されたもののようです。

 

動画が1時間半くらいあるので、かいつまんで文章にしますが、私の見解も時々交じりますww。興味のある方は、ぜひ動画自体も観てみて下さいね~~

 

量子力学の観測問題

 

世の中のすべてのものは素粒子でできています。

そしてその素粒子は

観測者の意識に影響されて動くということ。

観測する人の意識が入る。

小さな世界では、その人の意識に反応する。

 

だから、何かを観測するとき、

「こうなるだろう」と思えばその通りの結果がでるし

「こうならないだろう」と思えばその通りの結果がでる。

という話。

 

ただこれは証明ができないので(今のところ)

観測問題

といって「問題」という単語がついているらしいです。

 

ゼノン効果

 

一定期間考え続けると(そう思いつづけると)

それを忘れてもその効果はしばらく続くということ。

 

つまり、意識を変えても

以前のパターンがしばらく続いてしまうことがある、

ということです。

 

松丸先生がおっしゃっていたのは

世の中全体が

「不景気だ」

と認識している(いた)ので

それが続いている。

 

自分だけでも

「景気が良い!!」と思ってしまおう!!(^_-)-☆

とおっしゃっていました。

 

アインシュタインも使ったGEとSG

 

世の中には

私たちには説明できない力が働いているのだ、と

アインシュタイン(や物理学者の方たち、全員かどうかは知らない)が

GE(God Energy)=神の力

だの

SG(Something Great)=大いなるもの、源

という言葉を使っていた(いる)そうです。

 

つまり

素粒子の世界を突き詰めると

(現時点では)

もう分からないww

 

物理学には絶対値がないそうです。

 

つまり

 

世の中に絶対はない

そして

「自分の中の絶対はあるよ」と松丸先生はおっしゃっていました。

 

そもそも宇宙は豊かである

 

宇宙は豊かな存在です。

なので、その宇宙の一存在としている私たちはそもそも豊かさに満ちている。(井上)

 

豊かじゃない、と思ってる人は

「宇宙と同調していない」

 

宇宙と同調すれば豊かにしかなれない。

 

豊かになるのを遠慮している場合があるよ。

 

たくさんの人が考えてきたものはその流れが残っている

 

例えば「働かざる者食うべからず」

長い間、そうやって思ってきた人がたくさんいます。

だから、見えないところでその流れは残っている。

 

流れ、というのは「エネルギー」だと思っています。言葉を変えると、集合無意識。人類の集合無意識、先祖の集合無意識、地域の集合無意識、民族の集合無意識、派閥の集合無意識、家族の集合無意識・・・色々。私たちはそれぞれが、各々の宇宙を創り出す創造主なので、自分が「こうありたい!」を日々積み上げることで、それらの集合無意識も変えることができる。そのためには、まずは自分からです。自分の内側の小さな無意識に気づき、変えていくことから。(井上)

 

自分の中にすべてある

 

何もなかったところから

ビッグバンで宇宙が生まれた。

その宇宙に私たちは存在するので

私たちは、すべてを持っています。

自分の中に全てある。

 

内側が外側に現れる

 

自分の内側が外側に現れるだけなので、内側をみればよい。

相補性=異質なものが補いあうこと。(世の中に絶対的なものはない)

この世界は相補性でできている。

 

そして私たちは

「嫌いなもの探しが上手」

つまり

望まないものの存在で

望むものが明確になっていく。(陰と陽)

 

八つ当たりされた→八つ当たりされるような人間なんだ!ではなく、

八つ当たりされた→イヤだ→大切にされたい

 

人生のステップ【自我の確立と自己実現】

 

松丸先生によると

人生の段階には

 

①自我確立の時期

②自己実現の時期

 

がある。

②になっていくのは、平均50歳くらい。
(最近はもっと若いころからこっちに入るひとが増えてるのかな・・・?井上)

 

①の自我の確立とは:

周りの人との違いを知る

自分がどういう人間か?

自分はどんな世界が好きか?

などを知るような時期だそう。

 

周りとの違いを知る。

違って当たり前。

 

イヤなことがあって「自分はこういう人間なんだ」と決めつけず

「これは自分を確認するための出来事なんだ」というスタンスでいる。

 

 

だから、人生の前半はうまくいかなくて当たり前。データ集めだよ!!だそうです✨

 

 

②の自己実現にあたっては

「自己受容」

がキーになる。

 

んだそうです。

続く・・・

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Ayako
小学生と園児の2児の母です。 ~無理せず、自然に、私らしく~ 自分を受容するにつれて、世界からの様々なもの、タイミングなどに気づきやすくなり、受け取り上手になります。受け取り上手は与え上手。 自分の世界の波に乗るような生き方を体感できます。 ヒントや気づきにつながる情報をシェアします。 自己受容含む、色々な記事をアメブロでも更新しています。 (アメブロ:https://ameblo.jp/ayako44448888/)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 自己受容で日常を幸せに生きる , 2019 All Rights Reserved.