自己受容の助けになる知識【真のパートナーシップ】

真のパートナーシップとは?

よく
自分と自分のパートナーシップが大事
とか聞きますが(え?聞かない?笑)
今回はそれについて。

『世界は自分が創っている』とか
『自分が見たい世界を見ている』とか

よく言いますが、自分が体験したい未来を創るためにはこの”真のパートナーシップ”が重要です。
そして、「自己受容」の視点から言うなら
”自分を自分で知る”
という意味でとってもとっても重要です。
自分の内側のパートナーシップを良好にするには自分を知っていないとできませんから。

一般的なパートナーシップ

”パートナーシップ”と言えば、
夫・妻
恋人
職場の上司や同僚、仲間
友人などでの間に使うことが多いです。
でも今回の記事の
『真のパートナーシップ』
とはそういった外側の世界ではなく、自分の内側の世界にあるものです。

自分の内側のパートナシップの解説

内側の世界のパートナーシップの図↓

A: 奥の(魂レベル・本音の)自分
B: 認識している自分AとBの間には、前の記事にあったように『壁』があります。この壁が障壁となって、A: 魂レベル・本音の自分の言う事が

B: 認識できる自分

に伝わりません。
(つまり、潜在意識レベルが認識できない)

こんな状態です↓

「壁」は生まれた後に家族や社会に属す事で与えられる
 
「当たり前」
「常識」
「多数の意見」などの思考パターンのベース(思い込み・固定観念・価値観・設定)です。(過去生からのもある場合あり。ご先祖さまから引っ張ってきてたりもする。)
ですので、
「こんな感情は感じてはいけない」
「○○すべきなので、これは今してはいけない」
「○○であるべきだ」というように、壁は、壁を作り上げた”思考パターンのベース(思い込み・固定観念・価値観・設定)から引き出した
思考
を展開し、Aが発する
”感情や本音”
を拒否し続けます。
例えば、
「働かざるもの食うべからず」
「母は子どもに優しくあるべきだ」
「主婦は家事・育児に専念するべきだ」
「家族に栄養があるものを食べさせなければならない」
「仕事は効率よく進めるべきだ」
「怒ってはいけない」
「泣いてはいけない」
「感情的になってはいけない」
「学校へは行かなければならない」
 
などなど・・
ちょっと挙げるだけでもキリがない・・・💦
壁があるせいで、
B: 認識できる自分が

拒否・無視を続けてもA: 魂レベル・本音の自分

は一生懸命に、Bに気付かせようと

”同じ感情が起きやすい出来事を”

を起こすようになり、”モヤっとさせる”なり、”違和感を感じさせる”なり、してきます。

自分の内側のパートナーシップを良好にするには?

 

本音や感情を大事にすることが、自分だけの自分らしい人生を送る事だと知ってから本音や感情を大事にしてきました(私の場合、できる範囲・できるレベルからコツコツと♡)

感情(本音を知らせるベル)が揺さぶられたらノートを書く、を続けて・・・
そうすると、
なぜその出来事で、怒れたのか、悲しくなったか
を掘り下げるうち、自分の深いところへ潜っていくうちに、自分の思い込みや設定に気付きます。
「あ~、こんな思い込みあったのね~~」と。

『そんな思い込みさようなら~~』

と設定変更してみたり、
『それも私だよね~~』と

とりあえず受け入れる。

そうすると、

 

B: 認識できる自分が

感情(本音を知らせるベル)を拒否・無視しなかったことに

A: 魂レベル・本音の自分

 

が喜びます。

そして、思い込みに気付き、また昇華・溶かす・書き換えをすることで、壁に更に穴があいたり、あいてた穴が広がっていきます。そうやって、潜在意識の自分と顕在意識の自分が仲良しになることが、真のパートナーシップが良好ということになります。

オマケの追記

ちょっと勘違いして欲しくないのが、「自己受容」は、現時点のありのままの自分を知る、見てあげること。
(望む未来があったとしてもそれはいったん置いておいて)
現時点のままで、自分が自分を愛してあげること。
望む未来を引き寄せるために、という目的にすり替わると、
外からみると全く同じ
”真のパートナーシップを良好にするために”という行動
でも、その奥の意識が違うと「自己受容」とは違う方向になってしまいます。
何事も、全てのことはコインの表裏。
文字で全てを説明するのはとっても難しいのですが、何事も、どんな事でも、表面だけをとらえると違う方向に行ってしまうので、それはしっかり頭に置いてみて下さい♪
Ayako
小学生と園児の2児の母です。 ~無理せず、自然に、私らしく~ 自分を受容するにつれて、世界からの様々なもの、タイミングなどに気づきやすくなり、受け取り上手になります。受け取り上手は与え上手。 自分の世界の波に乗るような生き方を体感できます。 ヒントや気づきにつながる情報をシェアします。 自己受容含む、色々な記事をアメブロでも更新しています。 (アメブロ:https://ameblo.jp/ayako44448888/)
投稿を作成しました 73

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る