自分軸を研ぎ澄ます”Stay home”な今だからこそやりやすい

時々突然インスタライブをしています。(声だけラジオ)。昨晩も突然させていただいたのですが、「引きこもり時間がながい今だからこそ、自分を知る、自分軸を研ぎ澄ますことがしやすいですよ~~」というお話をしました。

 

自分軸って?

人によって説明は変わるかもしれませんが、わたしにとって自分軸とは「他人のモノサシや世間の価値観や概念」のベースから自動運転で選択・行動するのではなく、

自分が感じたこと

自分の感性をベースにして考えたこと

をから、選択・行動していくことだと思っています。自分の感性・感受性をキャッチして、自分の頭で考えた上で、結果他人のモノサシや世間の価値観や概念と同じ選択をしてもかまいません。「自分が感じたことをキャッチする。そして自分の頭で考える」、この工程がとても大事です。

 

自分軸に慣れてくると

自分で感じ、自分で考えて選択しはじめると(あるいは選択できなくても、自分が感じたことと自分なりの考えに気づいてあげると)、自分の人生の舵を自分で握っている、という感覚が増えていきます。それは自分にとても【幸福感】を与えてくれます。(参考→所得や学歴より「自己決定」が幸福度を上げる―神戸大学研究

 

自分軸に慣れてないころは自分軸が分からない

そもそも【自分軸の状態が分からない!】って方もたくさんいると思います!大丈夫です!!!わたしもそうでした!!!

個人差がかなりあるところですが、普通の教育を普通に受けてきた大人にとっては「正解を追う事が正解」であり「正解が分からないときは大多数の意見に従うのが正解」であり「人に文句を言われにくい選択が正解」だという風潮というか、潜在意識にこびりついている感じがあります。なのでまずは

世の中に正解はない

ということを、根底のベースに置きます。そして、自分が何を感じているのか?をキャッチすることがどういうことか分からない場合も多いので(わたしもそうでしたよ!)、まずは五感や身体を使い始めるのを、オススメします。風を感じる、空を見上げる、植物に触れて感じる、子どもに触れて感じる、食べるときに食物や調味料を細かく感じてみるーなどなど。(こちらの記事の「プログラムの予習」の記事も参考にされて下さい。)

 

世の中に正解はないし、自分が感じるものが「合っているのか」などと考える必要はないのです。自分が感じたものが、自分にとっての正解です。

 

心はいつでも自由である

外側の世界、現実に起こる出来事は自分の自由にならないこともありますが、心だけはいつでも自由です。あなたが感じることをあなたがしっかりと感じてあげる。何を感じるか、感じているか、いつもいつも、心だけは自由です。その時間は、一人の時間が多かったり、ゆっくりできる時間が多いほど、心を自由にできる時間をとれます。お仕事の内容や生活パターンによりますが、今(2020年春)は、多くの人が極力家にいる状態だと思います。せっかくなので、自分の心を自由にしてあげる(自分の感覚をいっぱい感じる)時間をたくさん、とってあげてくださいね!今はチャンスです!

 

今がチャンスの理由

私たちの多くは人に会うと、どうしてもその相手の価値観やモノサシを無意識に自分の中に取り入れて、自分の選択を相手の価値観やモノサシから影響された選択にしてしまうことがあります。もし学校や会社にいけば、一人だけでなく多くの人に会う。通勤中も、たくさんの人とすれ違う。仮に自分だけの意識に包まれている状態が、風船の中は水色の空気があり、そこに自分が入っている状態だとして、人に会い、その人の意識を取り入れればその色、例えば赤が入ってくる。Aさんが赤で、Bさんが紺で、Cさんが黄色で、とある趣味で参加するグループが緑色で、別のグループが黒、だとすると、混ざりあってもはや自分の水色がない、という状態になる。無意識で採用していくとはそういう感じです。(あくまでイメージですが)。しかも、実際は一人で何色ももっているし、グループだとさらに何十色、何百色、とあるので、自分がなくなります。人に会わずに一人でいる、しかも、他人のモノサシや考えから影響された物事を考えずに、自分に集中できている状態を持てる今は、めったにないチャンスなのです。(この辺りの説明がすごく分かりやすいと思っている記事がコチラです!湯浅みきさんという漫画家さんが松丸政道さんの話を漫画にしてくれています!わたしが「色」としている表現を「アプリ」と表現していて、分かりやすい♪わたしは、モノサシや価値観も自分にまとわりつく「エネルギー」だと感じているので、空気的なものとして表現してみました。)

たくさんのエネルギーに消耗させられない今だから自分軸を研ぎ澄ませやすい

今までの当たり前の日常だったら、当たり前に影響され、消耗させられてたエネルギーに触れることがない。(自分のエネルギーを消耗する人からメールとか来ても無視すればいいと思うよ。「返信するの忘れてた」って言えばいいやんw。←酷い?w。)

外側の世界の現実は、ほぼほぼほとんどが「自分に気づきを与えるため」の出来事です。ネガティブなものも、ポジティブなものも。

自分軸が立ってきたら、また外に出ることになる。(人との繋がりは人にとって必須だから。オンラインで繋がってもいいけどね!)

その時、その選択は自分の内側からの選択なのか、ヨソから持ってきたものに影響された選択なのか、を気づけるようになるには、できるだけ人に会わない時期に自分の感じることをキャッチするクセをつけているかどうかで、全然変わってきます。(筋トレと同じで、今までやってないことはコツコツとやるしかないです。慣れてきたら、気づくスピードと回数が激増します)。

 

筋トレみたいにコツコツやる!

まずは気づいてください。あらゆる自分に。

そして今まで選択と行動が自動運転だったなら、意識して気づかないとすぐに今まで仕様に戻ります。

あらたな筋トレを始めるつもりで、意識してやってみましょう!

意識してやる!これしかない!!

そしてそれがいつの間にか習慣になります。

 

気づくは最強

どんな手法やワークも、「気づかないとできない」ものばかりです。その時の自分に気づく。自分が感じていることに気づく。あらゆる自分に気づいていく。(以前読んだ「マインドフルネス」の本には、実況中継のようにすると良い、と書いてありました。自分の内側を実況中継♪それは、思っていることでも感じてことでも触れていることでも見ていることでも、何でも全部やっていいです♪)

自己受容の視点から言うなら、気づいたときに「〇〇な自分に気づいた!えらい!」と、自分をほめるというか、気づいた自分を大きく受容してください。〇〇の内容がクソみたいな内容でもいいんです。最後を受容の形にすれば

(例:大嫌いなあのクソババアがめずらしく旅行土産をくれた。嫌いな相手だから別にもらわなくてもいいしお礼を言いたくなかったけど、一応お礼を言ったわたしエライ!お礼をいいたくない自分に気づいたわたしもエライ!土産がセンス疑うものだったと毒づいて、性格悪い自分に吐きそうになったけど、毒づくのを許した自分エライ!そして、そんな自分を性格悪いと思った自分に気づいたエライ!・・・のように、とにかく【気づいたことを褒める。最後全てを丸々受け容れる。受け入れられない内容なら「受け容れられない自分、OK!」とする】

 

今こそ自分に気づいてあげよう

自分の時間が増えたので、好きなことや心地よいことに包まれ続けるのも、オススメです。なぜなら、心地よいことに包まれ続けたら、心地悪いものを気づける、キャッチする感覚が鋭くなるからです。

ただ、ポジティブを追うことばかりをして幸せを感じようとしている場合は、ちょっと自分の心に聞いてみて欲しいです。ポジティブでいるから幸せなのか?と。本当の意味で、自己受容や自己理解が進んでくると、ポジティブだろうがネガティブだろうが、そういう外側の条件は本当の幸せには関係ないことが分かってきます。

もし、ポジティブであることが幸せ、と思っているのなら、コチラの記事でいう「癒し」が必要な段階かもしれないので、一度自分の心に聞いてみてくださいね。

 

また別の視点で「自分軸」について書いた記事はコチラ↓
自分の軸がズレたとわかるには?

 


サイトの記事あなたがあなたらしく生きる一助になれば、幸いです🌸

 

 

「自己受容と創造◇自分らしい人生を彩るオンラインプログラム」についてのご案内はコチラ

頂いた質問をネタに時々インスタライブしています。ご質問などDMやライン公式アカウントにお送りください♪

インスタアカウント:
8ayako_inoue8
https://www.instagram.com/8ayako_inoue8/

 

Ayako
◎数あるサイトの中からこちらに来てくださりありがとうございます!◎ 主婦が本業の小学生と園児の2児の母のAyakoです。降りてくる言葉をつづっています。自己理解を深めたり、自分を受容するにつれて、世界からの様々なもの、タイミングなどに気づきやすくなり、自分の中にある創造性を活かせるようになってきました。今までの人生のほとんどの期間を”生まれと育ちを憎む”ような根底で生きていましたが、今では生まれも育ちも全て受け容れられ、神旦那と神こども達に囲まれ楽しく幸せに日常を過ごしています。 時々質問に答えたり、気づきのシェアでインスタライブをしています♪ インスタアカウント: 8ayako_inoue8
投稿を作成しました 120

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る